展覧会等

柳幸典つなぎプロジェクト成果展2020 Monologue and Dialogue – つなぎ美術館
  • 柳幸典 《石霊の森のドローイング》 2020年 作家蔵
  • 1F 展示室

柳幸典つなぎプロジェクト成果展2020 Monologue and Dialogue

  • 過去の展覧会・プロジェクト
  • 2020.9.19 [] 2020.11.23 []
  • この記事をシェアする
    記事をシェア
    LINE

柳幸典は、現代社会がはらむ諸問題にユーモアを交えながらも正面から向き合う作品をつくり続けるアーティストとして世界的に高い評価を得ています。「柳幸典つなぎプロジェクト」は、住民参画型アートプロジェクトの一環として2021年のつなぎ美術館開館20周年を記念し、2019年から3年かけて取り組むプロジェクトです。2年目の成果展となる本展では、モノローグ(独白)とダイアローグ(対話)によって生み出される柳幸典ならではの地域の未来像を展示します。


■開幕記念トークセッション 男と女とハダカとアート

木下直之(美術史研究者/静岡県立美術館館長)、小田原のどか(彫刻家/彫刻研究者)、柳幸典(現代美術家)が公共空間における裸体像の問題について議論を交わしました。モデレーターは楠本智郎(つなぎ美術館学芸員)が務めました。
※新型コロナウイルス感染症の影響により9月20日から延期して実施しました。

ゲスト:
木下直之(美術史研究者/静岡県立美術館館長)
小田原のどか(彫刻家/彫刻研究者)
柳幸典(現代美術家)
モデレーター:楠本智郎(つなぎ美術館学芸員)
※新型コロナウイルス感染症の影響により9月20日から延期して実施します。

開館時間
10:00 ~ 17:00(展覧会入場は16:30まで)
観覧料
一般:300(250)円
高校・大学生:200(150)円
小・中学生: 100(50)円
※()内は20名以上の団体料金
※水俣市・葦北郡内の学校による利用は申請により無料。
※津奈木町在住または津奈木町の学校に在籍する小・中学生は無料。

ご来館のお客様へのお願い

  • 発熱(37.5度以上)や風邪の症状がある方の入館はお断りしています。
  • 入館される方は調査票へのご記入をお願いします。
  • 調査票の記入内容によっては入館をお断りする場合があります。
  • 入館時は必ずマスクを着用してください。
  • 入館時は手指消毒を行ってください。
  • 館内では大きな声での会話をお控えください。
  • 館内では他のお客様と1メートル以上の間隔をおとりください。
  • 施設や施設備品等への接触は可能な限り避けてください。
  • 館内が過密状態と当館が判断した場合は入館制限を行います。
  • 以上の事項をお守りいただけない場合は退館していただく場合がございます。
展覧会一覧

現在開催中の展覧会